2140-162 盛楽遺珍-内蒙古和林格爾土城子古城遺址出土文物精品

¥ 16,720 税込

商品コード: 2140-162

数量

内蒙古自治区文物研究所 編

文物出版社

2020年12月

26cm・320ページ

ISBN:9787501068975


※内蒙古ホリンゴル土城子古城は史料によると両周から春秋まで獫狁・北狄が居住する「襄」の地で、戦国時代には趙克の雲中郡になり、漢では定襄郡成楽県、北魏では盛楽郡、唐代には大都護府、遼代には豊州振武県、元代には振武城、明代には紅城衛に属した。土城子古城では春秋・戦国・秦漢・魏晋・隋唐・遼金元の出土文物287点を鮮明なカラー部図版にて紹介する。附:陳永志著「両千余年和林格爾土城子古城」2020.12
※盛楽古城遺跡考古発掘は中原王朝と北方遊牧民族との間の政治・経済・文化関係の研究にとって完全な実物資料を提供してくれていて意義深い。内蒙古和林格尔盛乐古城,据史料记载,盛乐古城所处地区在两周至春秋时期为猃狁、北狄居住的“襄”地,战国时期属赵国的云中郡,汉为定襄郡成乐县,北魏时为盛乐都,唐代在此设立单于大都护府,辽代为丰州振武县,元代为振武城,明代属红城卫。盛乐古城考古发掘出土了春秋、战国、秦汉、魏晋、隋唐以及辽金元不同历史时期的文化遗存,中间没有缺环,与史料的记载相吻合。历史年代久远,历史序列也最为完整。盛乐古城遗址考古发掘,可以说是为进一步研究我国中原王朝与北方游牧民族之间政治、经济、文化关系提供了一批鲜活而又完整的实物资料,意义重大。2020.12