2238-065 重刊宋本《夷堅志》[宣装本]*

¥ 172,260 税込

商品コード: 2238-065

関連カテゴリ

  1. 新入荷
  1. 文学
  1. 大型書籍
数量

(南宋)洪邁 撰

広陵書社

2022年4月

37cm・全4函16冊

ISBN:9787555417903


『夷堅志』は宋朝の著名な志怪小説集である。初志・支志・三志・四志に分けられ、各志は甲乙丙丁の順に編まれている。様々なものが集められて成り立っている宋の志怪小説ではもっともボリュームのあるものである。内容の多くは神仙鬼怪・異聞雑録・禨祥夢卜で、宋人の逸事・詩詞・風俗習慣等が記載されている。書には宋代の社会階級搾取の惨状および役人の腐敗が反映されている。歴史の証拠としてのみならず、宋代の都市の暮らしを垣間見ることもできる。ということで『夷堅志』は文学史上の価値のみならず、宋代社会史の資料としても有用。多くの刻本・抄本が出回っているので、今回は上海図書館蔵清代光緒5年(1879)呉興陸心源十万巻楼刻本に基づいて糸綴じ影印し、版本としても収蔵品としても価値が高い。《夷坚志》是宋朝著名的志怪小说集。全书原分初志、支志、三志、四志,每志按甲、乙、丙、丁顺序编次。本书搜罗广泛,卷帙浩瀚,为宋人志怪小说中篇幅最大的一部。内容多为神仙鬼怪、异闻杂录、禨祥梦卜,记载了宋人的一些遗文轶事、诗词歌赋、风尚习俗等。书中反映了宋代社会阶级剥削的惨重以及官场的腐败。这些材料除可资考证外,还可以窥见宋代城市生活的某些侧面。因而《夷坚志》不仅在文学史上有一定价值,同时也是研究宋代社会史的有用资料。有多种刻本和抄本流传,此次据上海图书馆藏清光绪五年(1879)吴兴陆心源十万卷楼刻本,以线装影印的方式出版,具有较高的版本和收藏价值。
※お取り寄せ

※お取り寄せ商品のため、版元品切れ・取り寄せ不可の際はキャンセル(返金処理)させていただきます。